Android Studioでタイピングソフトを作成しています。

私の趣味は、プログラミングや英語学習などです。プログラマーの経験が2年ほどあり、大学も情報系だったので、C言語やJava,PHP,JavaScriptなどの扱い方を多少理解している面もあります。そこでこの2つの趣味を融合しようとAndroidアプリとしてタイピングソフトを作ることにしました。

私が使っているPCは、OSがWindows10で、CPUがCore i3、メモリが4GBなので、Android Studioをインストールして、起動すると凄く重たくなりました。メモリが8GBでCPUがCore i5が理想的だと感じていますが、とりあえず起動させて、コーディングすることが出来たので良かったです。

最近知ったのですが、Android Studioでは、Javaだけではなく、Kotlinという言語でも開発でき、その上互換性があるということです。Javaで作ったメソッドやフィールドをKotlin側で呼び出せることも可能だそうです。その逆も可能です。

どちらも、コンパイルすると中間ファイルは.classファイルになるので、JVM(Java Virtual Machine)で動かすことが出来るのが理由だそうです。Kotlinについては、あまり知らないので、昔から実在するJavaを使って開発することにしました。

現段階では、画面を2種類作成し、最初は、種類ごとに分けるメニュー画面で起動し、種類のボタンを押すと、タイピング画面に遷移するようにしました。タイピングの画面に遷移すると、すぐにAndroidのキーボードを表示せせるようにコーディングし、キーコードとアルファベットを対応させるべく、switch文で判定処理を作りました。

このとき、PCのキーコードとスマートフォンのキーコードが違う値を示していることに気づかず、ボタンを押しても反応しなかったので少し混乱しました。しばらくネットで調べていくうちにそのことに気がついて、KeyCodeスタティックフィールドを使って、判定させる処理にしました。

入力した文字と、表示されている文字が一致すると、最初の1文字目を取り除くアルゴリズムを繰り返し、最後の文字が取り除かれると、ランダムメソッドを使って、違う単語に切り替える処理を繰り返す仕組みに、今の所しています。

単語は6000種類ほどあり、わからない単語が沢山あるので、これを使って英語を勉強すれば、単語の意味だけでなく綴も身につけることが出来るのではないかと考えています。

毎年されてるのは知ってたけど…地元開催のいちご祭りに初めて行って来ました!

亘理町はイチゴが有名な場所で震災前から毎年、いちご祭りを開催してました。私が実家に暮らしてた頃から続く長い歴史があるんだけど両親が…。いちごが安く買えるだけのつまらない祭そう言っていたので行こうともしてなかったのですが、息子がいちご大好きな事もあり行ってみる事にしました。

旦那の両親も加わって向かったのですが4500台の駐車場が満車になる程の混み具合に驚きました!臨時が空いていたので停められましたがカオス状態?3台連なって停まってる場所が多数!真ん中の車が出れない状態になっていたのですが田舎の警備員はこれを見ても何も言いません(笑)。笑って会場に向かいましたが帰り挟まれてたら怖いですよね。

いちご以外にも沢山の出店があり、ステージショーもあり盛り沢山内容の祭りでした。イメージしていたのと違いましたが、規模が変わったのかも知れませんね。自衛隊の大きな戦車?みたいなのが来ていて息子は大きさにびっくり!トラックは乗れたのでシートに座らせましたが怖がって仰け反ってました。

ほっきめし、チーズケーキ、メンチカツと美味しそうな物を食べ歩きしていたらユラユラ揺られたからかお昼寝タイムになったのでいちごを購入して後にしました。近くの「荒浜」という有名な店で食べたいと義父さんが言うので向かいましたが当然のように激混みになっていて弁当買って家で食べました。ほっきめしは想像していたより美味しくて少し衝撃でしたが毎週混んでるので当然かも知れません。

食べ終わってから息子を起こしてランチタイムにしました。ばーばに食べさせてもらってニコニコです。満腹になってからは部屋を駆け回って遊びました。帰る時に泣くので大好きなドライブに行こう!と連れ出して泣き止ませに成功し、ついでに安いスーパーで卵を購入して家に向かっていたのですが…。

帰りでお祭りの戦車?みたいな車と遭遇しました!おまけに我が家の車のすぐ横をカーブして行って大迫力!思わず動画に撮りたくなる映像でしたが珍しく私が運転手だったので撮れずに残念です。とても充実した1日でした。

楽しかったしキッズコーナーもあったので来年は遊べるかも知れませんので毎年のイベントにしてもいいかも知れないな!と思いました。近いし駐車場も広いので運転が下手な私でも来れそうなので来年はチャレンジしてみようかと思います。ちなみに車は板挟み回避してましたが、斜め後ろまで迫っていたのでギリギリでした。

あれから8年。これほどまでに日本人の脳に刻まれた日付はありません

震災から数えて8年。もう8年経つのかという気持ちがあり、3.11は日本国民の脳の隅々まで浸透したと確信していることです。3.11以降熊本でも地震がありましたし、中越沖地震や北海道の奥尻島などでも地震がありました。しかし、そのいずれも日にちまでは覚えていません。

3月11日という意味はその日付とともに地震津波原発という事故が直結しイコールになっているのです。もちろん熊本などで被災さられたことは、その日付から時間分まで覚えてるでしょう。しかし、被災地から遠い私にはそれほどまでに日付は需要ではありません。それなのに3.11は震源地から遠く離れた私の中でも日付として記憶されています。

それほどまでに恐怖だったのでしょう。記憶に残ることは恐怖と関連付けるとより良く脳に残るらしいです。恐怖心は記憶に残りやすい。みなさんの土地はどうだったでしょう。日本中が震撼したのではないでしょうか。孤軍奮闘しし恐怖している暇もない人もいるでしょうが、どこかで恐怖を感じていたと思います。

未来へのその不安感から誰も脳に焼き付いたのではないでしょうか。当時皆さんは何をしていましたか。私は震源地から遠く離れた家に住んでいましたので、テレビの生放送でその状況を教えていました。しかし、その一方が入るとともに遠く離れた地でも船のように揺れている感覚に陥るほどゆっくりと揺れていたの覚えてます。

ちょうどフェリーなどに乗るように大きく上下に揺れる感覚。その感覚が1時間ほど続いていました。その体験は数百キロ離れた場所でも感じたのでこれは相当大きな地震だと確信したのです。地震による倒壊の恐怖の後に、しばらくすると津波の映像が流れ、津波に対する恐怖。

この津波でほとんどの恐怖心は持って行かれたと思います。これで終わりかと思いましてが、さらにその上を行く展開が待っていました。そう、原子力発電所の事故で石巻が火の海に包まれた映像などよりさらに上を行く恐怖心を与えたのです。倒壊津波原発による被害により3段階の恐怖心で完全に日本が恐怖のどん底に突き落とされたのです。

非常電源が繋がれば治るという楽観。メルトダウンなど起きるはずないという、格納容器を過信した楽観論。結局放射能デブリで地面まで到達して、今なお、だらだらと放射性物質を垂れ流しています。当時はヘリコプターで水を垂らしたりといろいろ試行錯誤していましたが、それでは到底及ばない人間の無力さを感じることができたのではないでしょうか。私たちは日本人はこの先死ぬまでに3月11日は8月15日ぐらい脳に刻まれるのでしょう。

目が、目が〜っ!!朝起きたら目が真っ赤に。何の病気?

まったりとした日曜日の朝に、娘がご飯を食べ終わっていつものごとく私にくっついて甘えてきました。でも、私を見て、目が「マジか」という目になり、

「ママ、なんか目が赤いよ!見てきて!」

としつこく言ってきました。

「パパ!ママの目が赤いよ!見てよ!」

パパは見もせず、

「結膜炎とかじゃないの?」

と言っていました。自分より先に人に見られるのが嫌なので、そんな?と思いながら、鏡を見に行ってビックリしました。結膜炎とかの赤さではなく、目から血が出てるみたいでした。

でも、目は何ともありません。痛くもないし、ゴロゴロもしません。何となくですが、大丈夫な気がしていました。というのも、以前兄が白内障で目の手術をした後に目が赤くて、大丈夫なのかと思っていたのですが、兄は目が赤いことは気にしてない風だったからです。

だから何となく、これはほっといたら血が引くのでは無いのかなぁと思っていました。でも心配なので家事が落ち着いてから、一応ネットで調べました。

ネットて調べたところ、結膜下出血という病名がありました。私と同じ症状です。血が引くまで1?2週間かかるそうです。ハードレンズが当たったり、ちょっとした事でもなるそうです。なりやすくなるのも老化みたいです。

私はハードレンズだから余計に気をつけなくてはいけないのかもしれません。ただ、私には何の負担もないけど、私の目を見た人は、「ウゲッ」と思い、直視できなくて、余計な気を遣わせてしまうのではないかと思い、外に出かけるのが億劫です。

ただ、街でたまにすれ違う、何にでもイチャモン付けたそうにしてる浮浪者みたいなオッさんとかは、この目の私を見たら気持ち悪くてイチャモン付けれないんじゃないの?とか思うと何だか強くなった気分です。私って歪んでいるのかしら。

そうはいっても、先日は困りました。行ったことのないお店に自転車で行こうとして、近くまで来たのですが、お店がわからなくなりました。グーグルマップで調べようにも携帯の充電が切れてしまいました。多分、近所に住む人ならすぐわかるはずです。

よし、道を聞こう!と思ったのですが、ハッと気付きました。私の目。きっとびっくりさせてしまう。やはり自力で行こうと思い、鞄の中を漁ったら、携帯バッテリーが入っていました。何とか死にかけのバッテリーから携帯にわずかに充電させて、グーグルマップで到着することができました。

あと、子供がまだ低学年なので、子供が友達連れてくると、その友達にも怖い思いをさせてしまうのではないかと思い、気を使いました。そん時はあまり顔を見せないようにしていました。私が気にしすぎなのかもしれませんが、結局気持ち悪くない程度に治るには二週間かかりました。

部分セルフレジ?果たしてこれは役に立つのでしょうか?

少し前ですが、ちょっと遠い(車で20分~)大型スーパーというか、ショッピングモールに行ったんです。目的はドライブがてらの食事なので、最初は買い物する気はありませんでした。でも食後のコーヒーすすっていたところ(モール内の自販コーナー)、「ついでに軽く買い物してくか…」と予定変更です。

買い物しなれてないお店って、どこに何があるか分からないので、買い物は避けています。でもまあ、たまにはいいか。と思い、品物をその日の夕食に限定して、最悪弁当だけにするつもりで、レッツゴー!多少迷いつつも目的の品物を集め、レジへ精算に向かいます。

セルフレジコーナーを横目に見て(近所のスーパーにもあるがその日はパス)、普通のレジに並ぼうとしましたが…何やらおかしなレジが?正式名称は忘れましたが、お金の支払いだけセルフのレジです。何言ってるか分かりにくいかな?店員さんがバーコードを通し、店内かごにつめていく、ここまでは一般のレジと同じ。

最後の「お金を払う」段階だけ店員さんのうしろにある精算機?で支払うのだ。個人的には面白いと思います、思いますが…。大抵はバーコード通す時間より、お金精算する時間の方が短いので、スムーズに流れる…はず。でも高齢の方が小銭を探して時間がかかる、次の人は品数が少なく早い、なんて場合は渋滞になりませんかね?

そもそも私も、精算の機械が並んでいて、番号がついてますが、店員さんの声がちょっとだけ聞き取りにくかったので少し焦りました。「このレジ(精算機)でいいのか?」という具合に。実際、私が見ている間にも精算機間違いが起きて、お客さんだけでなく、店員さんもアタフタすることに。

多分導入されて間がなく、機械の使い方ではなく客の流れとか把握できないんだろうな、と思います。うーんうーん、これ、どうなんでしょう。なんというか、レジの流れを細分化しすぎて流れがむしろ滞るみたいな感じ?

レジ作業は全部店員さんがするか客がするか(普通のセルフレジ)にした方が、よくないですか。新し物好きな自分は大体分かったし、次回から迷うことは恐らくない。ただ、おじいさんやおばあさん、極端に機械に弱い人は、セルフレジよりやりにくくないかなあ。

それにしても、これってレジ作業の一部分を切り離しただけだから人員はいるし、トラブルに備えて、精算機のそばに専用の人が待機してます。人手不足解消に役立つのかな?と思いつつ後にしたのです。と思ったら、先日行った近くのスーパーにも導入されているではないですか!何だか心の中で苦笑いしながら普通のレジに並ぶ私でした。

子供達と全力で遊び回り他の子とも触れ合えとても有意義になった休日

子供が外遊びをしたいと言いだしたので、近所にある公園へ連れて行きました。日曜の昼過ぎでしたが他に人はおらず子供達がブランコで遊んでいるとそこへ1人の女の子がやってきて、その子もブランコで遊び始め立ち漕ぎをしていました。

するとうちの子が立ち漕ぎをしている姿を褒めだすとブランコをやめてブランコを囲っている鉄のパイプへと立ち始め、うちの子が更に褒めると次は高い鉄棒へと移動し鉄棒を始めて技を披露してくれました。するとその子のお姉ちゃんが縄跳びを持って現れ、姉妹で縄跳びを始めたのですが鬼ごっこをしようと姉妹で話し合うとうちの子も入れてくれて鬼ごっこが開始されました。

うちの子が一番年下でその姉妹に追いつくのが中々難しく、走り回っているとお姉ちゃんがわざと鬼になってくれたり、女の子が公園の外へ出ようとするときちんと注意しており外に出たら鬼だよと外へ行かせないようにしているところを見てとてもしっかりした子だなと感心しました。

うちの子が私も一緒にやろうよと言って姉妹に聞くと入れてくれると言うので、参加し4人で鬼ごっこをすることになりました。お姉ちゃんは1人年が離れていて中々タッチされず暇そうな時もあったので、あえてお姉ちゃんをタッチするために追いかけ回すととても楽しそうに逃げ回っておりベンチの方へ行きタッチされにくいところを選んでいるところを見たら鬼ごっこはこういった知恵を出し頭を使う遊びでもあるんだなと感じました。

その後は鬼ごっこをしばらく楽しんだあと、私達は帰る時間がきたので別れを告げるととても笑顔で対応してくれました。話している時も私にはきちんと敬語を使っていたところも印象がよかったです。

保育園が家から離れており近所付き合いもないので、普段から子供の遊び相手は私しかおらず中々子供同士で遊ぶことがなかったので、遊んでくれた姉妹にはとても感謝しております。子供も私も全力で走ったので休日に体を動かせて気持ちもすっきりしましたし、子供もとても楽しかったみたいで笑顔が多く見れたのであの姉妹にはとても感謝しております。

また、最近公園で遊ぶ子はゲームをしている子が多く見られたのですが、その子達はゲームも携帯も持っておらず子供らしい遊びをしていたので今の時代でも流されていない子がいるんだなとなんだか安心しました。その姉妹はお婆ちゃんの家にきていてたまたま公園で遊んでいたとのことだったのでまた会えるかは難しいですが、また会えたらもっとたくさん遊んで楽しませてあげたいなと思いました。